EWE学生支援基金



学生支援基金申込書
《学会等の懇親会費補助》報告書

「EWE学生支援基金」申請について
支援対象について
学生会員が日頃の研鑚の成果を発表する際の国内外におけるコンペティションの物品購入、旅費を含まない参加登録費、またはコンペティション若しくは学術会議に付随する懇親会参加費用。
但し、EWE規則(目的)第3条 本会は会員相互の親睦をはかり、合わせて「電気工学」を基盤とする分野での学術ならびに技術の進歩発展をはかり、文化の向上と産業の発展に寄与することを目的とする。の趣旨に沿ったものであること。

申請にあたって
1.コンペティション(以下、大会)に対する参加登録費を申請する 場合
ア)参加登録費の支援は5万円を上限とする。
イ)団体で申請の場合は、原則過半数がEWE学生会員であること。但し、これによりがたい場合は、担当理事で議論し理事会で決定する。
ウ)団体で申請の場合は、その活動目的が、技術コンテスト参加など明確に定められていること。
エ)申請に際し、大会の日程、大会の目的、活動内容、参加登録料を、EWE学生支援基金申込書により提示すること。また、内容が記載されている箇所のプログラムなど参考資料を添付すること。
カ)学生支援基金の申請が承認された場合は、事後、活動報告と参加登録費の領収書(コピー可)を提出。活動報告はEWE会報に掲載する。

2.大会/学術会議における懇親会への参加費補助の申請の場合
ア)懇親会費は原則半額を補助し、上限を5,000円とする。
但し、懇親会費が3,000円未満の場合は、全額を支援する。
また、懇親会費3,000円以上、6,000円以下の場合は補助を3,000円とする。
イ)申請に際し、会議の日程、会議および懇親会の目的、参加費の額をEWE学生支援基金申込書により提示すること。また、申請者の名前が掲載されているプログラムと懇親会費の記載されている箇所のコピーを添付する。
ウ)終了後、領収書(コピー可)、懇親会の様子がわかる写真とコメント等を報告書様式にて提出する。写真、報告書は後日EWEホームページに掲載する。

注)いずれの申請においても
申請の活動が、電気・情報生命工学科、情報理工学科、電子物理システム学科、情報通信学科いずれかの学科またはEWEに所属する研究室の教員の承認を受けていること。
申請は開催の事前であること。
2年連続した支援は受けられない場合があるので、事前に事務局に問い合わせること。
締切りは、第1回:6月1日、第2回:9月1日、第3回:12月1日の3回です。
回毎に審査のうえ、結果は後日連絡いたします。
但し、大会/学術会議における懇親会への参加費補助の申請は適宜受け付けます。

【お問合せ先】EWE事務局
☎03-3232-9768 または内線5221
✉ jimukyoku(at)ewe.or.jp

以下、活動報告
《学会等の懇親会費補助》報告書_2017年度